大阪体育大学剣道部

ouhskendo.exblog.jp
ブログトップ

<   2010年 02月 ( 8 )   > この月の画像一覧


2010年 02月 09日

2月8日 作道先生雄叫び

“剣心が伝わらなかったら剣術は伝わらなかった”(湯野)
「自らの心を動かして、今のここの精一杯の自らの働きを全機させる」
この寒稽古の真を問いたもの!
その場面設定をどのようにセットできるか!その元立ちはどうあるべきか。自らの剣心を問う呻吟は続く。「九々算来八十二也」(道元)に一瞬、自らが相手と共に一体としてそこに在ることの体験。
これは今日の時代、社会に有って“希有な場面”ここに八十二の自分がいることの体験の大事こそ、この時代に共生する者同志共有したきもの!
その力強き、大きな大きな渦巻きを創る一個の人間に生成したいと願う。
作道
[PR]

by ouhs-kendo | 2010-02-09 09:45 | Comments(0)
2010年 02月 08日

2月7日 作道先生雄叫び

c0101595_11355530.jpg

寒稽古いよいよ正念場。一日一日一本の稽古が今の自己表現、自己構造の営み。私もまた、学生参加者、すべての人達の思いの深さに支えられここまで鍛と錬の機織を展開してこれたことに心底感謝し、共生(生かされ生きる我が身の喜び)の凄さに感動している。自らの身体の中にある摩訶不思議の生命力に驚く毎日である。松山の田舎で口ずさんでいた唄を皆に贈りたい。
「この道は 故郷へ 故郷へ 続く道。
あの空は 故郷へ 故郷へ 通う空。
一滴涙落として、父母よ我が共よぉ。
つっがなく有れと祈る都の日暮れ。」
この歌をうたいながら、私の学生時代の寒稽古を心なつかしく思い出している。
「正精進九々算来八十二也」(道元)
学生諸君の一層の正精進を祈る!
作道 2/7
[PR]

by ouhs-kendo | 2010-02-08 11:36 | お知らせ | Comments(0)
2010年 02月 08日

OB・OG会からのお知らせ

 リーダースキャンプのご案内


c0101595_1005399.jpg


※当日参加も可能となっておりますので、先輩方のご参加お待ちしております。
[PR]

by ouhs-kendo | 2010-02-08 10:13 | お知らせ | Comments(0)
2010年 02月 06日

2月5日 作道先生雄叫び

c0101595_11342042.jpg

鍛練がどうにもこうにも行くところがない自分と出会うところ、ここに至ったとき自らの初心、発心が問われる。
一年生見ていて、本当に面白き様相、自らの剣と寒行に集う人達を受け止めこのことの中で時間を過す。
「いいねぇ」これからの諸君の剣道人生をここから育てる、それをしっかりと見守っているよ!
自己中、他己中、宇宙中の世界を精一杯さまよい続けて自分みずからの剣光を開いていって下さい。
作道,2/5
[PR]

by ouhs-kendo | 2010-02-06 09:26 | Comments(0)
2010年 02月 03日

2月2日 作道先生雄叫び


c0101595_11163177.jpg
寒稽古初日の暖かさ、これは格別!学生たちの苦汁に満ちた姿と顔、元立ちの先生、先輩たちの身持ちの大変さを身をもって実感した。私の大学一年のとき、日々の大変さの中で、合宿所のプール管理人(立石先輩・水泳部キャプテン)「先輩さむいよぉー」一杯呑ませて!と夏の水泳実習の大好き先輩アシスタントに直訴。なけなしのポケットマネーを叩いて合成酒で激励をしていただいたことを一生感謝している。縁在って、「立石充」君が、先輩の長男坊として体大剣道部に入り卒業、和歌山県の教員となって活躍している。
その先輩は、3年前の昨日他界、3回忌を迎えたその朝の寒稽古に見る「充」が参加、感無量。私の大学1年の時、稽古着一枚ビショビショの毎朝、先輩に頂いた酒と、激励は翌朝、朝の立ションの時背後を通り過ぎた3年生塩入俊次先輩が、「酒くさい!バカモノ、今日は鍛えてやる」と激!その日たった1本の掛かりとなってしまった。その当時、1日何本掛り稽古を掛ったのかの記録を集計し、表彰があったが、この日の1本が最後までひびいて3位止まり。残念無念!しかし、この日の寒稽古の想い出は前夜も含めて、すべての人(勿論、塩入先輩も含めて)に感謝感激。私の剣道人生の礎となっている。                   作道 2/2夜
[PR]

by ouhs-kendo | 2010-02-03 10:17 | Comments(0)
2010年 02月 03日

2月1日 作道先生雄叫び

c0101595_1193057.jpg

昨日、今日と院生とフランス・イタリアの剣士との会食を楽しく持った。国際化、普及、大きな大きな転換期を迎えている。4年間の剣行、その中核を更に耕す2年間、ニュージーランドからベネット、韓国から李さん、これからの世界の国々の次のリーダーを育てる事業が1つ1つ着実に進められていくことを願っている。学業<武の文化と歴史そしてその稽古・修行の内容と意味、更には近代スポーツ競技の一員としての競技文化(まさに一番難しい競技化難度の中で・・・)。そのこれからをどう展望していくのか、呻吟の時を迎えている。そのことをみんなで確認していく時間を有難く共有できたことの喜び!格別である。「院生諸君」の今後の修行と稽古に大きな期待を込め、うれしいうれしい時間を頂戴できた。フランス・イタリアの面々もなぜに体大寒稽古に来るのかを確信して迎えれる時を共有できたこと大きな成果である。3分の1(5日間)を終え、各々佳境に入る寒稽古!

作道3/1 5日目を終え
[PR]

by ouhs-kendo | 2010-02-03 10:16 | Comments(0)
2010年 02月 03日

1月31日 作道先生雄叫び

c0101595_1174616.jpg

300名を超える朝の寒稽古。壮盛であった。茨木体大、元立ちを育成するのに10年余り。寒稽古の鍛錬は元立ちの捌き力次第「斬り返し」の受け方「掛り稽古」の練りと鍛の元立ちが平日でも2桁となるのに随分と長い時間(歳月)を要したことを昨日のことのように覚えている。最近では元立ちのレベル、層とも多様で掛り手の掛り方の勉強も同時進行のところもある。しかし、平日でも20~30名は下らない。又少年剣士の参加も多く、豆剣士、青年剣士、壮年、老年と3・4世代の共習共導の切磋琢磨の場を見事に構築してきている。それをサポート(子供達以上に寒稽古している保護者)している皆さまの心情をどんなに受け止めても受けとめ過ぎということはない・・・・・・「童心貫終生」この子供達に学ぶことも多い学生、我々スタッフである。なにか得体の知れぬ人と人の間を行き交う空気に今日も又生かされ生きている。                作道
[PR]

by ouhs-kendo | 2010-02-03 10:15 | Comments(0)
2010年 02月 03日

1月30日 作道先生雄叫び

1月30日
c0101595_1163347.jpg

「七五三」今日は3日目終了。この節目の日を本当にうれしく思う!
朝230名余り、午後150名余り、アイコンタクトの長い長い剣道、どれだけの人達とどんな風にこの時間を共有しながら「打った、突いた、かわした」の攻防の中での大調和が達成できたのであろうか?
36年前元立ちの数も質も揃わない体大寒稽古。人間と人間の敵対、共生の相対峙その中で交流、獲得してきた剣の心と「身体技法」。「鍛練」「しごき」「体罰」これらの意味と内実の再確認の時代を迎えている。教育場面は今、マスコミも含めて「本能を刺激しつつよりよい理性へ」と人間を教導するすべを失いかけている。
見よこの整然とした人と人との間柄を!
これを立派に再構築していく「寒稽古の場作りを」!
体大寒稽古に光あれ!皆々様の姿を見つづける喜びのなかで!  作道
[PR]

by ouhs-kendo | 2010-02-03 10:13 | Comments(0)