大阪体育大学剣道部

ouhskendo.exblog.jp
ブログトップ

<   2012年 02月 ( 16 )   > この月の画像一覧


2012年 02月 18日

2月18日 作道先生の雄叫び

2月18日 作道先生の雄叫び  NO.13
c0101595_9354857.jpg

「寒行を生きる」。
それぞれが、自らの「体と心」を掴むことの出来ない日々の中に生きる。
現代社会の中。そこにあって、自他の関係をどのように前進させていくのか?
いよいよ大詰めに差し掛かっている。
去年、今年、自らが生きる中心軸が変わっていく。
そんな老若男女の人と人、剣と剣のぶつかり合う場に流れる時間の意味の大きさ。
その”場”論を語り合う「翔花」の夕食会。
日本が見える。世界が見える剣とはどのようなものか?
寒稽古に参加される皆様との一時有難きかな。有難きかな!
私も又、誰も彼も少年剣士も見学者の人達も。皆々真剣!
院生石井さん(社会人入学、3児の母)、
「身体の言葉」「身体一之論」の日本の伝統が消える。という修士論文。頑張った!
身体〈意識・感覚・技法〉を元立ちと掛かり手の「切り返し」
「掛かり稽古」「地稽古」の中で創出していく営みに期待する。
日本の教育はどこを見据えて実行されるのか。
橋下市長の教育改革に大きな期待と不安は募る。
人と人、その場のよりよき構築それが
「継承なき剣道は稚拙の域も出ない。創造なき継承は形骸化をもたらす。」(森政弘)
ということが生きている。生きた実体を! 

作道
[PR]

by ouhs-kendo | 2012-02-18 09:36 | Comments(0)
2012年 02月 17日

大阪体育大学剣道部OB・OG会懇親会兼昇段祝賀会について


大阪体育大学剣道部OB・OG会懇親会兼昇段祝賀会について(最終のご案内)

と き:平成24年2月19日(日) 13:30受付 14:00開宴 16:00終宴予定

ところ:ホテルモントレグラスミア大阪 21階 ブルーベルの間
     〒556-0017大阪市浪速区港町1丁目2番3号 ℡06-6644-5555
     ≪電車≫
     地下鉄四つ橋線「なんば駅」北改札より徒歩1分
     地下鉄千日前線「なんば駅」西改札より徒歩1分
     地下鉄御堂筋線「なんば駅」北西or北南改札より徒歩約5分
     JR「難波駅」直結
     近鉄・阪神線「大阪難波駅」西改札より徒歩1分
     南海線「難波駅」3階北口or2階中央口より徒歩7分
     ≪自動車≫
      阪神高速堺線湊町出口すぐ ※ホテル駐車場6階(30分毎300円)

会 費: ¥10,000 当日受付にて徴収いたします。 子ども¥5,000 (小学生以下無料)

出席者: 65名 (先生方、昇段者含む総人数です)

※この件に関するお問い合わせは本部事務局 北村 (kabutomushi@live.jp)までお願いします。

発信者:本部事務局 北村
[PR]

by ouhs-kendo | 2012-02-17 15:25 | Comments(0)
2012年 02月 17日

2月17日 作道先生雄叫び

c0101595_9121043.jpg



広島の吉岡君から11月末に「広島県の中高生、ジュニア強化講習会」
の中高生の感想文が届きました。
私と、日を改めて石田利也君の講習会です。
12月にもう一回ということでしたが、私の日程調整が付かず誰彼にお願いしましたが、
皆々どうにもならず利也君になんとかならんかとTELしました。
「駄目!」翌朝、「先生行きます」ということで、有難い、有難い、
師弟同行の講習会となりました。


吉岡君いわく、剣道を「文化」として、「教育」として、「修行」として、「生き方」として、
もう一度整理することの出来た講習会。
「剣道って、なんかわからんけど豊かで、深くて、価値のおるものなんだなぁ」
正しい剣道から、強い剣道へ、そして豊かな剣道へ。
そんな中高生との剣道感を共有出来る講習会であったと。
中高生の感想文を添えて送られてきました。


利也のメリハリのある身体技法とポイントを押さえる指導、
子供たちの身体と身体感覚に深く々々響いていったことによって、
剣道という文化が子供たちの中に深く々々浸透していったことを
この上なく有難く感謝!
青少年の剣心を育て挙げていこうと日々取り組んでおられる指導者の人々に対して、
心より感謝し、一緒に力を合わせてゆきたいと思う。


さてさて、寒行もあと三日。
一人々々の剣と生き方に大きな大きな今と将来に対する財産を共有する喜びに
本気である自分を心嬉しくかみしめている。
いつの世も、その時代、その時を心逞しく生き抜いていく剣を学びたいものだ!



作道
[PR]

by ouhs-kendo | 2012-02-17 09:32 | Comments(0)
2012年 02月 16日

2月16日 作道先生雄叫び

c0101595_9223581.jpg


白州正子は「風姿抄」という本の中で、
昔の友人がこういうことを言ったのを覚えているとして、
「60の手習いとは、60歳に達して新しくものをはじめることではない。
若い時から手がけて来たことを老年になって、
最初からやり直すことをいうのだ」といっている。
さしずめ、剣道寒稽古に集結する年寄り共(私も含める)は、ここの一念。
ここの焼き直し(刷新)の集団なのだ!と気付く昨今である。
ならば立合って“打って打たれて”の夫々の一言の会話がとてもとても大事となる。
60~80歳を越える「最初からやり直す会話の一時の大事に気付くこの頃である。」
さて、寒稽古もいよいよ残すところ4日。
オナゴリオシイですが、手習い寒行は間もなく一区切りを迎えます。
学生達は今一番大事な一日々々を送ります。
さてさて、60の手習いと若者の伸び代の交響曲が
どのように醸し出せるかの正念場を迎えます。
南佛の剣友達との夕食会。
彼等の真撃さに触れ実に有意義な一時を楽しみました。
春風館剣士達の颯爽の風。
今年一年の日々の正精進が目に浮かびます。   合掌
                   
                  作道
[PR]

by ouhs-kendo | 2012-02-16 09:25 | Comments(0)
2012年 02月 14日

2月14日 作道先生の雄叫び

c0101595_8515450.jpg


“逞風流〟こんな言葉と生き方が求められた時代。
西行、法然、親鸞、道元、日蓮、一遍、一休、蓮如、等が生きた時代と今。
現代社会の中で、このスピーディーな情報社会の負を背負うことも又、
生き辛き時代か?!

でも寒稽古の中で身も心も崩れ落ちそうな時間の流れの中に自らを体験する時、
この夢遊の時、自らの自己意識は如何なものであろうか?
ここをさ迷う私を(かすかにかすかに)支えているモノは何か?

この体験は人を支え、人を活かす。
それは、元立ちであり、集団無我の場に委ねられている。
剣の技は、不確定確率の中で自らを捨てる投げ出すことの繰り返し。
「成か」「不成か」に自らを投げ出す剣士の覚悟、
それをこの寒稽古の人と人の和合の中に見出してほしいと願う日々である。


作道
[PR]

by ouhs-kendo | 2012-02-14 09:21 | Comments(0)
2012年 02月 13日

2月13日 作道先生の雄叫び

c0101595_9225248.jpg


2月13日 作道先生の雄叫び   №9

「人間が生きると言うことは、毎日何かに感動し、
 感謝してゆくことだと思います」(相田みつを)
まさにその通り!
今日も又、多くの人達と剣を交え、多くの人達の寒稽古を拝見、
立合って見て「人間としての自己の見詰め」の凄さに感動した。
春風館の森、田中、2人の掛りに大人達が忘れている
何物にも変えがたい純粋無垢な生き方(生命感)を感じて感動した。
今夜は志大館で男子部の夕食会。
一人々々が身にまとっているいらないものを
脱ぎ捨てようとしている姿勢に感動した。
60年余り前の自らの寒稽古を振り返り、
学生達の前向き必死の取り組みに感動。
一人一人の取り組みを「観て、直接に、聴いて」
私の心は寒行の朝の一人々々の取り組みに無限大の可能性を語る。
幸福かな、幸福かな、人と人!
今日社会の中にあって「スピード、捌き」の時代の中で、
自然とは何か、人間とは何か如何に剣を通して生きるか。
そのことに向い合うか。
それぞれの眼差しに大きな大きな期待と声援を送りたい。
「今日、ここの、精一杯の自らの働き」を後押し出来る喜びに感謝!
                       
                      作道
[PR]

by ouhs-kendo | 2012-02-13 09:26 | お知らせ | Comments(0)
2012年 02月 13日

作道先生の雄叫び

c0101595_8532817.jpg


2月12日 作道先生の雄叫び           
南佛マルセイユの剣友達。
「剣道の文化性」―生涯を通じてどう『生涯剣道』『三世代共習共導』
(子ども叱るな来た道じゃ。年寄り嫌うな行く道じゃ-空海)。
フェンシング(片手)ではない。双手剣の剣道。「玄妙なる技」とは何か。
アゴピアン、ドギートル、そしてモアタ氏に50代、60代になっても剣道を続けられるか?
40代からは「散歩と読書」の生活スタイルの定着するヨーロッパに居て
このことをお願いすることの大変さ。でも、彼らはこの私との約束を実行してくれている。
様々の老いを引き受けながらヨーロッパでの生涯スタイルの中で…。
すごいことだ!私の寒稽古を観ての勉強の寒稽古!
小久保先生、井上先生の寒稽古を観ての寒稽古!である。彼らの為に一文を送りたい。
「老いて強さを保つものは、自然発生的な体力ではない、むしろ年金と共に衰えを来す体力、
年を負う毎に完成度を増していく全身の統一と調和。
この絶対矛盾の中で、自らの心身が『どう在るか』ではなくて、『どう成るか』として、
実践的に探求され、技は益々冴えていく。」
彼らの寒稽古参加に心より感謝し、大きな期待を寄せて偉大なる拍手を送りたい!   作道
[PR]

by ouhs-kendo | 2012-02-13 08:56 | Comments(0)
2012年 02月 13日

2月11日 作道先生の雄叫び

c0101595_8514750.jpg



高村光太郎 詩集 「火星が出ている」
「要するにどうすればいいかという問いは、折角たどった思索の道を初にかへす。
要するにどうでもいいのか。否、否、無限大に否。待つがいい。
さうして第一の力を以って、そんな問いに急ぐお前の弱さを滅ぼすがいい。
予約された結果を思うのは卑しい。正しい原因に生きること、それのみが浄い。
もう一度頭を高くあげて、この寝静まった暗い駒込台の真上に光るあの大きな、
真っ赤な星を見るがいい。火星が出ている・・・・・・。」
凄い!

女子部の寒稽古冊子に光太郎の冬を愛する詩が揚げられている。
寒稽古〝冬〟というもの(気候・風土)に自らを投げ出す行為、
「人間と自然の関係」を問い直す行為そのものである。

東北震災、原発事故の中で「科学とテクノロジーの違い」を寒行の中で、
自らの身体を投げ出す中で問い返すことの意義を考えよう!

                            作道
[PR]

by ouhs-kendo | 2012-02-13 08:05 | Comments(0)
2012年 02月 10日

2月10日 作道先生雄叫び NO,6

c0101595_1084860.jpg

5日間の終了。一区切り。
午後の稽古無しの中で、どんな時間を過ごしたのだろうか。
「親が子どものために犠牲になるのはやむおえない」という質問に対して
73ヶ国中73%の親が賛同を示し(世界平均)、我が国日本は38.5%で
72番目の順番であったという。
統計調査が報告されているのが目に付いた。
今、体大の寒稽古に参加している少年剣士達の親は、
この数値をどのように受け止めるであろうか。
子ども達の寒行と、その生活と一体化する親御さんの日々を想像すると、
ここに参加している子ども達の家庭環境の素晴らしさ、
親御さん達の存在の大きさを想う。
そんなことを思う一時を過ごす事が出来ました。
親から子へ、子から又その子へこの三世代性の家族の構成から生まれる
人と人の「絆」に気付かされた一日でした。
「一つ一つ着実に人間として生きていくこと、つまり
『今を生きる営み』が試されている日々を大事に歩んで行きたいものである。」
“歩々清風生かされ生きる我が身かな”
                                        作道
[PR]

by ouhs-kendo | 2012-02-10 10:06 | お知らせ | Comments(0)
2012年 02月 09日

作道先生の雄叫び

c0101595_1022223.jpg


2月10日 作道先生の雄叫び
                
寒稽古4日目を終えた夜の日記。
雨の降る日の寒稽古、15日間で四季は巡る。
今朝はチョットは寒稽古バージョンとなりました。
「なぎなた」の学生たちの参加にその姿勢に学ぶこと多し!
剣道の初心者としての大変さの中で“対人性”という共通基盤への気づきの鋭さ、
“なぎなた体”の彼女達が剣を持って対峙する時間・空間への順応力のすごさ、
間合いと構え(特に気構え)の対峙力、機会の見い出し方に
「今年のなぎなた部はきっと日本一になる」そんな実感と喜びを感じている。
自らをどう集中させどう対応力を逞しくしていかなければならないのか。
剣道の寒稽古に参加しながら、自分たちのなぎなたをどう進めていくかの課題に
真剣に取り組んでいる。剣道部員諸君、自らの剣、そのぎりぎりの対峙の中で
自らの心を身体をどう改造していくのか、逞しき心根の開発を期待する。
「なぎなた部」の参加、剣道への取り組みを観ながら、
自らの取り組みを足りなさをかえりみて欲しい!だいぶ遅れているよ!ここがわからなければ!
そんなことを想う今夜です。
「冬が来て天と地とを清楚にする。冬が洗いだすのは万物の木地。」(高村光太郎)
この詩が「女子部寒稽古」への取り組み冊子に書かれてありました。
高村光太郎の山荘(花巻―奥羽山脈を背にして立つ小さな小さな住家、
S.20秋~27秋(63~70歳))へ2度訪れました。彼はなぜにここに?!
戦中の戦争協力詩人の自らをこの冬の厳しさの中で裁く時間を求めたのでは?
自らの「木地」を見い出すために!我々もまた、寒稽古で自らの「木地」を見出すために!
明日よりどう!「人間は価値や誇りという虚飾をまとって生地の上に生きている。
だが冬の雪や、木枯らしはそのような偽りを暴く。」(高村)
ここを問う自らの寒稽古を!それは自らを投げ出すこと。覚悟を持って!  作道
[PR]

by ouhs-kendo | 2012-02-09 10:05 | Comments(0)